USB Type-CしかないMacBook AirでApple USB SuperDriveを使用する方法

パソコン・ブログ

Apple純正のCD/DVDドライブであるSuperDriveを、Type-CのUSBポートしか無い2020年モデルのMacBook Airで使用する方法を記します。

  • 多機能変換ポートは使えないことが多い

SuperDriveを使うための方法

Apple USB SuperDriveはUSB Type-Aのコネクタのため、Type-Cのコネクタしか付いていない最近のMacBook Airでは、そのままでは使用できません。そのため、Type-AのコネクタをType-Cのコネクタに変換するものが必要です。

私の場合、ヨドバシカメラでたまたま見つけたainexの変換コネクタを使ってみました。これを介して本体に直結することで、SuperDriveを動かすことができました。写真の商品はAmazonで見つけることができませんでしたが、似たようなものでも動くはずです。

ヨドバシカメラで買った変換アダプタ
挿される側がUSB Type-Aで、挿す側がUSB Type-Cのものを使う

多機能変換ポートは使えないことが多い

USB Type-Cのポートしか無い2020年モデルのMacBook Air向けに、USB Type-Aのポートだけでなく外部ディスプレイ端子なども付いた、多機能の変換ポートが売られています。実際、以前の記事でも紹介しました。

しかし、ここで紹介しているような多機能の変換ポートはSuperDriveに対応していないことが多いです!

ここではSatechiのマルチUSBハブについて調べてみましたが、他社のポートでもSuperDriveは使えないと明記されているものが多いです(Amazonの商品説明欄など)。恐らくSuperDriveで使用する大電流に対応していないのでしょう。

そのため、冒頭で取り上げたような、ごくごく単純な変換アダプタを、本体に直結して使うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました