Satechi V2スリム マルチUSBハブをMacBook Airで使ってみた

パソコン・ブログ

Satechi V2スリム マルチUSBハブを購入したので、MacBook Air 2020年モデルと組み合わせて使った感想を記します。

今回レビューするデバイス

SatechiのV2スリム マルチUSBハブというものです。

先日、MacBook Airの2020年モデルを購入したのですが、それまでは数年前のMacBook Airを使っていたので、USBポートはすべてType-Aでした。しかし2020年モデルではType-Cのポートしか付いておらず、このままでは今まで使っていた周辺機器や外部ディスプレイへの接続ができないため、

  • HDMI出力が可能
  • Type-AのUSBポートが2つ以上付いている
  • 持ち運びできるサイズ

とう条件を満たすハブを探していました。

今回、いくつかのサイトで評価が高かった上記モデルを購入してみました。

実際に使ってみた

実際にいくつかの外部機器に接続してみました。

今まで使っていたUSB Type-A接続の周辺機器はだいたい動く

手持ちのワイヤレスマウスやUSBメモリ、外付けHDDドライブ、iPhone 7に接続すると、問題なく使用できました。

Apple USB SuperDriveなど電力を消費するものは使用不可

以前のマシンでCD/DVDを読み取るために、Apple USB SuperDriveを使用していました。これをハブに挿したところ、USBアクセサリに電力が必要ですとのエラーが出て、ドライブが認識されませんでした(Amazonの商品ページをよく見ると、対応していない旨が記載されています)。

Apple USB SuperDriveは、CD/DVDディスクをモーターで回すため一定量の電力を消費します。Mac本体に直接接続している場合は十分な電力が供給されますが、このハブを経由すると電力が不足するようです。

なお、モーターを使用している機器はすべて使えないという訳ではなく、例えば私が持っている外付けHDDからバックアップデータをコピーすることはできました。もちろん、ワイヤレスマウスの電波受信部など、消費電力が少ないデバイスも使うことができます。

外部ディスプレイへの出力も可能

HDMI端子があるので、外部ディスプレイへの出力も可能です。

ハブから熱が出る

このハブを使用していると、ハブ全体が熱を帯びます。温かくなる程度ではありますが、身体に長時間当たるような置き方(椅子に座りながらひざの上でMacBook Airを使うときに、ハブもひざの上に置く等)すると気になると思います。

終わりに

当然のことですが、付いているポート(USB Type-AやHDMI端子)は問題なく利用できました。SDカードリーダーは、また別の機会に使ってみます。

Apple USB SuperDriveなど、大電力を使うデバイスは使えない場合がある点に注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました